血管をキズ付けているのは誰だ!悪者にされたコレステロールさん。

こんにちは、まもるです。

私たち人間は勝手なイメージで物事を考えたり
思い込みで行動してしまうことがよくあると思います。


今回の記事もそんな思い込みがある内容です。

健康志向のあなたはこの記事を見てしまうと
驚きのあまり顎が外れてしまうかもしれませんね。


今回の記事では

『コレステロール』

について書いていきます。


健康志向の方や、LDLコレステロール値が高いかたは
普段の食事で『脂質』を摂らないようにしていると思います。

ですが今回の内容を知っていただくと
コレステロールの認識が変わります。

そのため『どんな食事』をすれば健康になれるかを知り
毎日の食事で実践ができるようになります。

そのため『動脈硬化』『心疾患』などの病気なるリスクも少なく
これからの未来、エネルギッシュに楽しく過ごせます。


175f1f00845243bd6c5863e33dd7056e_300_200.jpg


逆に今回の記事をしっかり読まないなんて方は、


いつまでたっても『高コレステロール食材』を非難して
『本当に非難すべき食材』を食べ続けてしまいます。

その結果、日がたつごとに血管はダメージを受け、
『動脈硬化』や『心疾患』などの恐ろしい病気にかかります。

6c5e63591a5f7b8fcb83e10acad0237b_t.jpeg


『コレステロール』の特性


脂肪(脂質)の一種である『コレステロール』は
キズついた血管を修復する役目があります。


「え?コレステロールって悪い奴じゃないの?」
「血管にコレステロールが溜まるといけないのに?」



実は血糖の増減などでキズついた血管を
コレステロールは治しているだけなのです。


血管を治しにきた沢山の『コレステロール』を見た研究者は

「ボロボロの血管にコレステロールがたくさんいる!」
と、コレステロールを悪者にと思ってしまったのです。


簡単にいうと痴漢冤罪みたいなものですね。


痴漢にあっている『血管』を助けにいったのに、
周りの人から「『コレステロール』が血管を傷つけている」


悲惨です。


コレステロールの種類


・HDLコレステロール(善玉)
・LDLコレステロール(悪玉)



肝臓から出ていくのが『LDL』
肝臓に戻っていくのが『HDL』

と覚えてください。


健康診断などで『LDLコレステロール(悪玉)』が高いと診断されるのは

キズついた血管にLDLコレステロールが修復しに行く、
だからLDLコレステロール値が高いと血管がボロボロだということ。


そのため『LDLコレステロール(悪玉)』
の値が高いのは良くないとされています。


血管をボロボロにする犯人


何度も言うようにコレステロールは修復しているだけです。
血管をボロボロにしてしまう本当の犯人は…


『糖質』です。


糖質に関して詳しく記事を書きました。
そちらを参考にしてください。
http://mamorudaietto.seesaa.net/article/455791390.html


健康志向の方や、コレステロール値が高い方は
『脂肪』よりも『糖質』に気をつけましょう。


今回のように健康の知識やダイエットの知識を
間違えて覚えてしまう方って結構いらっしゃいます。

私は3カ月11キロやせた経験から
『ダイエット7つの秘密』というものを発見しました。


これは何もダイエットに困っている人以外にも
健康や病気などで困っている人にも効果がある内容です。

詳しくはこちらからご覧ください。
https://hukugyousho.wixsite.com/tousituseigen/7tunohimitsu



最後まで読んでくださりありがとうございました!

この記事へのコメント